駆逐艦「不知火」の錨

本所松坂町吉良上野介屋敷 の近くに錆びた錨が野ざらしで展示されている

       

錨の由来


 この錨は日露戦争(一九〇四〜
 一九〇五年)で活躍した日本海軍の
 駆逐艦「不知火」のものである。
 この艦は英国ソーニー・クロフト社
 製造・起工明治三十一年・
 進水三十二年・三百二十六トン・
 (艦長六十三・五メートル・五四七〇馬
 力・三〇ノット・火砲六門・発射管
 二基・煙突二基)の構造である。
  錨の裏側にあるアルファベットと
 1898の刻印は錨の製造年と推定
 される。
 猶この錨は両国一丁目の鉄鋼業
 岡田商事(旧岡田菊治郎商会)が
 軍艦の解体作業で得たのを昭和の
 初年に江東(現両国)小学校に
 寄贈したものである。
平成三年 月
両国(相生・江東)小学校同窓会
     一九八八年三月三十日

ご近所の 吉良上野介 本所松坂町屋敷跡