斉藤弥九郎 道場跡

東京・市ヶ谷の靖国神社境内の一角に幕末三大道場であった
練兵館(斉藤弥九郎 道場)の跡地がある


     幕末志士ゆかりの練兵館跡


  この練兵館(れんぺいかん)は、神道無念流の剣客 斉藤弥九郎により、それまで
 俎(まないた)橋付近にあった練兵館が 天保9年(1838年)の火事で類焼したため、
 この地に再建され、その後約30年間隆盛を誇った。
  練兵館には、高杉晋作、桂小五郎(木戸孝允)、品川弥二郎など幕末の志士が多数入門し、
 特に桂小五郎は剣の腕前も優れ、師範代もつとめている。また、伊藤俊輔(伊藤博文)も出
 入りしていたといわれる。
  なお、この練兵館は千葉周作(北辰一刀流)の玄武館、桃井春蔵(鏡新明智流)の士学館と
 ともに、幕末三道場といわれている。

           (表示説明文のまま)